f0135623_14273402.jpg



「彼女の人生は間違いじゃない」
その通りですとも!!と迷わずに言う事ができるストーリー。

原発被害に遭われた人々の現実、
東京で生きる人それぞれの人生。

決して派手な演出はないけれど
福島の現状がそこで生活している人達の目を通して
ジリジリと伝わってくる秀作でございました。

<キャスト>
瀧内広美
高良健吾
光石研
柄本時生

f0135623_14273493.jpg


どんな事でもそうですけれど
辛い状況に打ちのめされたり
被災された方の心情って当事者にしかわからない感覚があるものですよね。
だから自分自身それを知ったかぶりもしたくないし
かと言って無関心でもいたくないなといつも思っている。

でもこの作品のように
現地での撮影やリアルな風景によって
実際福島の被災地に行っていなくても
外側の人間にも伝わってくるものがあって、
やはり知らない事を知らないままにするのではなく
想像力を働かせて少しでも知ろうとする事の重要性を感じました。

『がんばれ福島!!』と書かれたチラシを見て
「頑張ってるよ・・」とつぶやくシーン。

津波にさらわれたまま行方不明の母親。
仮設住宅で父親と二人暮らしのみゆき。
震災前は農家をやっていた父親だが
今は補償金をパチンコにつぎ込んでしまったりと
宙ぶらりんな状況。

お酒を呑みながら亡き母親の話をする父親。
愛する人を失った悲しみは
簡単には拭えないですよね。
大きな衝撃から立ち直る方法や過程って
人それぞれだとも思うし。

みゆきは平日は市役所で働き家に帰れば食事も用意して。
週末は東京でデリヘルのアルバイトをしている、
父親には英会話教室に通っているって事になってる。

ラストに近いシーンでの光石研さんの演技に
泣きました。
津波にさらわれてしまった妻への思いが
一気に溢れてくる場面。





f0135623_14273484.jpg



東京に送られている電気が元の原発。
そこで人災に見舞われた人々を
安易な言葉で励ましたりするのも違うのかなと思ったりする。
一番大切な事は
彼らが自分の足で人生そのものをしっかりと踏みしめ
普段の生活をちゃんと取り戻せる事だと思う。
ただその中でも失った人を想う気持ちはずっとあるだろうし
過去を忘れるとかそういう事ではない。

映画の中では
もがきながらもみんな一生懸命に生きていて
確実に前進している姿が印象的だった。
「希望」とか「未来」といったような明るい言葉は
時に人を虚しくもさせるものだとも感じた
(映画の中でそういった言葉は使われていないですよ*)。
というのも以前の自分の曲にそういった言葉を使った事があったのだが
なんとなく届かない未来を象徴しているような感じで
歌詞に組み込んだ事があったからだ。
まあ言葉は言い方だったり
その時の自分の心境だったり
発し方や受け取る側によっても大いに変わってくるものなのだろうが。

時々ある『この映画を観た◯%の人が涙した感動作!!』といったような
思考停止型映画とは違い
市井の人々の声をすくい上げてくれている本作こそ
多くの人に届いてほしい作品だと感じる。
→ちなみに観る人みんなが感動しなきゃいけない、みたいな表現を使うのは
日本特有だそうです。
アメリカや海外では観客の感じ方はそれぞれ違うから
笑うシーンや泣くシーンもみんな違って当たり前というのが普通。
何でも周りと一緒にしようとする日本的な考えって
かなりおかしいんですよね、本当は。


この映画を観て感じた事は
「彼らの痛みや苦しみが少しでも和らいでいけばいい、
そして人一倍幸せになってほしい」という事。
時間はいくらかかってもいいと思う。

そして日々何不自由なく暮らしていける幸せに
心から感謝し
ここではない場所で生きている人達の事も
忘れずにいたい。







[PR]
by roswellgg | 2018-09-19 16:07 | YUKO ROSA のかってにコメンテー

f0135623_23332979.jpg


最近はあまりホラーは観ないようにしていたのですが(なんとなく105.png
この「死霊館」だけはアメリカでめっちゃヒットしていたのを知っていたのもあり
数年前に観させて頂きました(なぜか敬語・笑109.png

先程このシリーズの最新版を観終わったばかりです!!

このシリーズの良いところって
映画としての完成度がすごく高いところだと思います165.png
実話が元になってるのもあるけど
ただ恐いだけじゃなくて
ホロっとさせられるシーンもあったりして。



f0135623_23324238.jpg


エド・ウォーレンを演じる
パトリック・ウィルソンもいい感じです!!

ウォーレン夫妻は心霊学者として名を馳せており
他では解決してもらえなかった超常現象による被害者達を助けるために
その現場へ向かいます。


f0135623_23324129.jpg


このシリーズを観ていて気付いたのは
悪魔とか悪霊を呼び覚ますきっかけが必ずあるって事ですかね。
たとえばこっくりさんみたいなものでふざけて遊んで霊を呼ぼうとしたり
入念に除霊をして封印されていた部屋を開けてしまったり。

何もしていないのに何か不可解な出来事が起き始めるって事は
普通はありえないんだって安心しましたもん101.png

面白半分では決して踏み込んではいけない事ってあるんだなと感じました。



f0135623_00534514.jpg



こえ〜よ149.png149.png




f0135623_23324128.jpg


しかしこんな不気味な人形を買い与えるってのも不思議な話ですよね105.png
いやいやこれは映画の中の話ではありますので
それ言っちゃおしまいですけど・笑104.png
まあアンティークの人形って
どこか生きているみたいですし
日本人形も綺麗だけどちょっと怖いように見えたりもしますしね。

アナベルが恐いって思い込んでるからそう見えるのかなぁ、
先入観なしでこの人形を見たらどんな印象なんだろう?
可愛い!!ってなるのかなぁ149.png105.png





f0135623_23324295.jpg


これも本当に不気味・・
実際のアナベル人形はもっと可愛らしい風貌なんですけどね105.png
映画ではこの人形の印象が強烈ですね本当122.png


f0135623_23434041.jpg



ヴェラ・ファーミガ。
優雅で美しい人ですよね。



f0135623_23434081.jpg




f0135623_23434070.jpg


このシスターが謎なんですよ、現時点では149.png
まだシリーズ続きがあるようなので
その時にわかるのかなぁ・・
毎回観ようか迷うのですが
結局観ちゃうと引き込まれちゃうのが
このシリーズのすごいところ・笑106.png


f0135623_23434137.jpg



子役達がまた素晴らしいですね!!
ウォーレン夫妻を演じるパトリック・ウィルソンとヴェラ・ファーミガ以外は
あまり有名ではない役者が揃っております。
それが良い味を出している、と
どなたかも批評されていたと記憶しております。
私もそう思いました。





f0135623_23434182.jpg




f0135623_23434026.jpg


ホラー映画ではあるのですが
こちらのウォーレン夫妻の愛溢れる感じが結構素敵なんですよね〜110.png
強い絆で結ばれている165.png173.png173.png
誰でもそうだと思うけど
自分の理解者がいてくれるってとても心強いし
二人一緒だとさらにパワーアップできちゃう、みたいな感じの相手がいるって
何にも増して素晴らしい事じゃないでしょうか?



f0135623_23434161.jpg


これもし映画館で観たら本っ当に迫力あるだろうな・・
私は全てWO◯OWさんで拝見させて頂いておりますので109.png

恐かったけど実話を元にしているという事なので
とても興味深く観る事ができたシリーズでしたよ101.png169.png

[PR]
by roswellgg | 2018-09-11 00:50 | 映画

イヴ・サンローラン

f0135623_22211368.jpg


この映画を観たのはちょっと前なのですが
ラストシーンが未だに胸に残っていて・・103.png

私には愛の物語にも思えました122.png164.png



f0135623_22211653.jpg


この間、イヴの生涯のパートナーであったピエール・ベルジェがお亡くなりになられましたよね137.png
この人がいなかったら
イヴ・サンローランはここまで成功してはいなかったと思います。





f0135623_22211854.jpg

イヴ・サンローランは若くして
クリスチャン・ディオールに認められ、
1957年のディオールのファッションショーではイヴのスケッチが35点も採用され、
ディオールが亡くなられてからメゾンの主任デザイナーとなりました173.png173.png

しかし1960年のアルジェリア独立戦争での徴兵(フランス)により
イヴは戦争に行かされてしまいます。
さらに軍隊内のいじめなどが原因で、心を病んでしまい
精神病院に入れられてしまいます134.png


f0135623_22212057.jpg


個人的にイヴ・サンローランのコスメはいくつか持っていますが
洋服は持ってないですよ〜103.png
洋服や物も出合いだと思うから
何かタイミングが合えば、年齢を重ねてからでもいいから
いつか買ってみたい110.png


f0135623_22212212.jpg

こちらは本物のイヴ・サンローランでございます162.png

ELLEやVOGUEなどの海外雑誌が大好きで
ファッションデザイナーのインタビューや
女優・モデルの情報もチェックしているのですが
皆自分の主張がはっきりとしていて本当素敵なんですよね!!
カール・ラガーフェルドも好きです。
彼も子供の頃からデザイン画がすごく上手で
やっぱりみんな自分の「好き」がわかっていて
それを追求し続けるからかっこいいんだよね165.png

かなり話がそれて申し訳ありません(笑)
イヴ・サンローランは彼の事を知らない人でも
楽しめる映画だと思います。
時代の流れを先取りし、流行に乗り
後退してしまう時期があっても
再度新しい時代の波にバチッと合うファッションを生み出し続けるそのパワー・ひらめきに
感銘を受けました112.png

パートナーのピエールの心の広さにも
涙が出てしまいそうになりましたね141.png
どんな偉大な成功者にも
必ず陰で支えてくれている人物がいるものです166.png
そういった意味での人間模様も非常に興味深かったですよ165.png





[PR]
by roswellgg | 2018-09-08 23:17 | 映画

数あるブログの中から見つけて頂きありがとうございます。/シンガーソングライターのユウコ・ロサと申します。年間100本以上の映画を観ます。中でも特に印象深かった作品を中心にご紹介。なお掲載写真は引用されているものもありますのでご了承下さい。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30