f0135623_00101693.jpg


オリジナルの「IT」は1990年に全米でドラマとして放映されていたみたいですね。
ずっと観たかったのですが機会がないままで
今回のリメイク版の話を聞き
日本公開初日に友人と観に行く事ができました110.pngありがとう〜173.png


f0135623_00102080.jpg


スティーブン・キング原作なので
期待はしておりましたが
そこはさすが、裏切りませんむしろ想像以上で見応えたっぷり166.png

ただR15指定ですし
かなり残虐な殺害シーンがあるので・・・
しかし怖いもの見たさって感じですかね(苦笑)



f0135623_00104639.jpg


それにしてもこの子供達が本当可愛いんですよ!!
っていうか「そこ!?」って突っ込まれそうですが
『スタンドバイミー』的な要素が組み込まれているので
友情や絆、彼らの勇気やいざとなった時の団結力にも
引き込まれましたね。

スティーブン・キングって本当子供の心の動きを描くのがうまいですよね。
異性への眼差し、恋の芽生え、性への目覚めみたいなものだったり
大人には見えない子供だけの世界が存在するってことを描いてくれている。

しかも大人たちがあんまよく描かれてないの119.png
「スタンドバイミー」でも4人の少年達のそれぞれの心のざわつきや大人への不信感とか
愛されているのだろうかっていう不安がすごく伝わってくるんだよね。
子供達に無関心だったり暴力振るう大人達のせいで
彼らは傷を負っていたり悩んでたっけなぁって。
まあだからこそ
彼らにとっては友達が一番の宝物だったりもするわけですけど。



f0135623_00110088.jpg


原作も読んでみたいなって思いました。
あとオリジナルのドラマ版もちゃんと観たいなぁって。


f0135623_00105636.jpg



ここのシーンも怖い!!



f0135623_00103696.jpg



このピエロの本当の姿っていうのが
まだあるんですよね・・・。



f0135623_00104202.jpg



6人の少年と1人の少女。
彼彼女らはルーザーズなんて呼ばれています。
ルーザーっていわゆる"負け犬"って意味ですけど
本当の意味での負け犬は
いじめっ子だったり
人を平気で傷つけること言える人や
とんでもないことを平気でやっちゃう悪い大人達のことを言うんじゃないかなって
私は思いますね136.png
以前『glee』ってアメリカドラマでも
ルーザーって言われてる子達が
合唱部で音楽・歌うことを通して輝いていくんですけど
ルーザー上等!って感じですよね129.png
その言葉そのままあんた達に返すわ!!って感じ165.png





f0135623_00103085.jpg



f0135623_00105279.jpg




さすがはスティーブン・キングで
ただの恐怖映画では終わらせない。
子供時代特有の輝きや青春群像
友情の物語でもあると私は思いました。

補足*
監督アンディ・ムスキエティはアルゼンチン生まれ、
「MAMA」というホラーで長編映画監督デビュー。
脚本はキャリー・フクナガ、
日系アメリカ人の父親を持つ才能溢れる製作陣で形成されています165.png174.png


                    日本でも大ヒット記録につながるのかなぁ〜106.png
                      とりあえず観て損はない映画です!!


[PR]
by roswellgg | 2017-11-04 01:03 | 映画

歌声にのった少年

f0135623_22255865.jpg
ムハンマド・アッサーフ(これはご本人です)

彼の歌声は聴く人すべてを魅了します。
神から贈られた美しい歌声162.png

f0135623_22260410.jpg

子供の頃から劣悪な環境のパレスチナのガザで
路上や結婚式などでライブをしてお金を稼いでいるムハンマド。
彼が心折れそうな時
男顔負けのお姉ちゃんのヌールがその歌声の才能を
いつも思い出させてくれるのです。
ヌールは他の子供たちにバカにされても
「夢は必ずかなう」と信じている。
1ミリの迷いもないところが本当かっこいいなと思いましたね。

しかしヌールが突然病に倒れてしまいます。
f0135623_22263456.jpg

(またこの子が可愛いんですよね165.png
ヌールの病気を治したい一心で
ムハンマドは治療費を稼ごうとするも・・・。
(ネタバレになるので詳しくは書きません、ぜひ直接作品をご鑑賞頂けたらと思います^^)




f0135623_22261198.jpg



f0135623_22264305.jpg



f0135623_22263103.jpg



f0135623_22263559.jpg

パレスチナのガザって境界が取り囲まれていて
自由に外へ出ることができないんですね。

けれど姉ヌールとの約束を再び思い出すきっかけがあり
「アラブ・アイドル」(アメリカン・アイドルのエジプト版)に出場するために
ムハンマドはガザを飛び出していく。
命がけで。

f0135623_22264620.jpg

音楽って本当に多くの人々の希望になり得るんだなと実感した作品でした。
彼の場合は
オーディション会場へ行くまでの間と
会場についてから、その後のハプニングも含めて
導かれたとしか思えない幾つもの幸運に恵まれていたように思う。

f0135623_22263845.jpg

ムハンマドは今ではスターの座を手にし
国連パレスチナ難民救済事業機関青年大使を務めたり
平和への活動も続けているのですね。
けれどガザには未だに自由に出入りすることができないとか。

一人の人間が
パレスチナ中の人々を一つにした、というのは
本当に感慨深く
希望に溢れるストーリーだと思います。

ムハンマド・アッサーフ、
歌声も素晴らしいですが
ルックスも非常に素晴らしいですよね109.png173.png

これからもますますのご活躍を
日本から祈っております165.png169.png174.png

感動をありがとうございます173.png





[PR]
by roswellgg | 2017-09-14 23:11 | 映画

ジャンヌ・モロー

f0135623_22565119.jpg
ジャンヌ・モロー。
フランス、世界を代表する大女優。

先日亡くなられましたね。

f0135623_22563762.png

女優として世間に名前を知られた際
不美人だと言われたこともあったとか。
当時他の女優達がグレース・ケリーだったり正統派の美人が多かったことも関係しているようでしたが
そんな批判は一蹴!!
「死刑台のエレベーター」での演技力やその存在感で
不動の地位を確立したのではないでしょうか。

f0135623_22563921.jpg

とにかくかっこいい!!



f0135623_22565722.jpg


f0135623_22570190.jpg


f0135623_22570663.jpg


f0135623_22571152.jpg


f0135623_22573609.jpg


年齢を重ねてからも様々な作品に出演され、
女性をさげすむ作品は高額なギャラを積まれても断ったそうですね。

移民に不寛容な今現在のフランスを戒め、
「いつの時代も少数派に理があるのです」と
野太い低い声で朝日新聞記者は論されたそうです。


知性と品性、
大人の女の象徴のようですね。
見習うべき姿勢がたくさんあるように思います。



素晴らしい女優ジャンヌ・モローへ
哀悼の意を込めて。



[PR]
by roswellgg | 2017-08-27 23:12 | YUKO ROSA のかってにコメンテー

最高の花婿



f0135623_11330140.jpg
こちらの作品は2014年にフランスで興行成績第1位を記録した痛快風刺コメディ(WOWOWからの引用)。


4人姉妹の3人が先に結婚していくのですが、
お婿さんが皆移民系のフランス人。
アラブ系、ユダヤ系、中国系。
両親ははじめ戸惑いながらもだんだんと受け入れていくのですが、
残った娘の結婚相手もまた外国系(アフリカ系)。
しかも相手の父親も白人に対してあまり良い感情を持っておらず・・・。

f0135623_11330509.jpg
f0135623_11331358.jpg
f0135623_11330800.jpg
様々な偏見やトラブルがある中で
それでも娘たちが選んだ相手は皆ユーモアに溢れ愉快なんです。
4人姉妹の母親も彼らに歩み寄ろうと模索したり
父親もなんだかんだ言いながら
娘たちの婿を受け入れていく。

f0135623_11331167.jpg




f0135623_11331910.jpg

アフリカ系男性の父親の白人に対する偏見度合いを見ていて
思ったことがあったんです。
以前ある慈善団体のイベントに出席した時の外国人男性が
この映画のアフリカ系の父親と同じようなことを言っていたなって。

歴史上あった負の面をいつまでも根に持つというか
憎しみの感情を持ったままの人って
偏っているんですよね・・。
確かに過去を遡るとどの国も結構他の国を支配していたりしますよね。
日本だってそう。

ただ白人=悪、みたいな感情を持ってる人って
いつまで経っても自分たちだけのコミュニティに閉じこもっている。



この映画では
アフリカ系&フランスの両家は
ドタバタありますが最後は・・162.png162.png174.png165.png
(あまり言うとネタバレになりますものね105.pngすみません178.png


人種でひとくくりにしちゃうと
その先の交流に結びつかないんですよ。
はじめっから「この人たちはこういう考えの連中だ133.png」って
決めつけてるから。

私は肌の色や職種とかって関係ないと思ってるんで。
人間性なんですよね。
どの国にもいろんな考えを持った人がいる。

だから初めて会う相手のことを知るには
まずはその人が発する言葉
言動をしっかりと見ます。

この映画のアフリカ系の男性は礼儀正しく誠実でとても素敵な人。
話していればそれはおのずと伝わってきますよね。

f0135623_11331661.jpg
f0135623_11332110.jpg

何十年も前とは違って
今はあらゆる人種がどんどん混在していっていると思います。

そうして少しずつでもいいから
一人一人の心が変化し
世の中から差別や偏見意識がなくなってくれれば素晴らしいなと
本当に思いました。
f0135623_11332403.jpg

[PR]
by roswellgg | 2017-07-30 12:03 | 映画

トリコロール 青の愛

f0135623_22463324.jpg
ずーっと観たかった作品だったのですが、先日WOWOWで放映してくれたんです〜162.png162.png
時々WOWOWさんには放映してほしい映画をリクエストなんかしちゃったりしてるのですが
忘れた頃に放映してくださることが多いんですよ〜109.png162.png
ありがたいですねぇ、ちゃんと見てくださっているのだなと嬉しくなっちゃいます172.png

WOWOW大好き!!
ってWOWOWの宣伝みたいになっちゃいましたが(笑) 

f0135623_22462966.jpg


フランスが誇る唯一無二の女優ジュリエット・ビノシュの主演作。
ある音楽家の妻ジュリーの物語。
一人娘も乗せて3人で車を走らせているんです。
そこで思わぬ事故148.png



f0135623_22463748.jpg


フランス映画って独特の間とか
台詞の後に音楽が突然入ったりなどの演出が
非常に詩的で私は好きなんですよねぇ173.png


あと女優さんが分厚い化粧をしていないのも
魅力の一つかも。
超自然体。
それが実に様になっていてかっこいい。
着飾らず気取らない姿に惚れ惚れ。

f0135623_22464235.jpg


彼女を取り巻く人達の人間模様や
心の変化も描かれています。
f0135623_22464118.jpg


大人の映画ですね・・
というか大人であっても
複雑な登場人物達の生き方には理解しきれないものがありましたよ。
でもだからこそ映画なんですけどね。
日常とは全く別の次元の体験をさせてくれるし
インスピレーションもいつもたくさん受ける。
そこから自分の音楽に繋がっていくこともあったりする165.png

f0135623_22463669.jpg


こちらの作品でヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞、女優賞、撮影賞も
受賞しているんですね。
よーし!!続けてまた時間ある時に
白の愛、赤の愛も観るぞ〜〜174.png182.png

[PR]
by roswellgg | 2017-07-26 23:16 | 映画

メイズランナー

f0135623_23400150.jpg


                      とにかく走るんですよ、この映画は!!




f0135623_23400485.jpg





f0135623_23394768.jpg





f0135623_23395886.jpg

生きることを決してやめない。
全力で走る姿に胸が熱くなりました166.png

f0135623_23394316.jpg





f0135623_23394646.jpg

[PR]
by roswellgg | 2017-06-30 23:42 | 映画

f0135623_23134262.jpg



実在のジャズシンガーの物語。



f0135623_23134707.jpg

モニカは英語ではなくスウェーデン語でジャズを歌うということを思いつく。

後の旦那様となるベーシストのストゥーレから渡された詩集を読んでいて
リズム感・韻を踏む感覚が自然と体から湧き起こったという感じでしょうか。


f0135623_23134909.jpg




f0135623_23134465.jpg


小さな田舎町で両親と5歳の子供と暮らしていて
たびたび父親と衝突。

だけどエンディングに近いシーンで
父親が電話越しに発する言葉に感涙007.gif

どんなに苦しいことがあっても
けなされても
絶対諦めないモニカの執念とも呼べそうな熱い歌への想いが
伝わってくる映画でした。



[PR]
by roswellgg | 2017-03-06 23:24 | 映画

アデル、ブルーは熱い色

f0135623_18513400.jpg

その疑似体験たるやハンパないです066.gif
恋愛映画ではありますが
性別を超えての芸術性って感じでしょうか011.gif

f0135623_18511984.jpg
レア・セドゥ演じるエマが超かっこいい049.gif
これはジェンダーとかどうでもいいって感じですよホント。
アデル役のアデル・エグザルホプロスも体当たりで
非常に魅力的な女優さんですよね060.gif
f0135623_18512601.jpg
一つの恋が始まり
終わるまでの描写ですよね、
簡単に言えば010.gif
破局を迎える場面は圧巻でしたよ。
恋愛ってこういうことは
誰もが一度は経験してるんじゃないかなって思いました。
「一緒にいたい」
「会いたい時にあなたがいなくて寂しい」
「忙しくてなかなか会えない」
こんな状況が続くとどうしても起きてしまう・・・
喧嘩になってしまう・・。

f0135623_18511391.jpg
恋、愛、どちらにしても
激しさを併(あわ)せ持っている。
感情と理性。
人を愛するって何だろう?
お互い好きなのにうまくいかないってどうして?
恋愛したことのある人なら多少なりとも共感できる部分があるはず。


f0135623_18510870.jpg
フランス映画界のミューズ。
どんな役でもこなす
物憂げな瞳、
アンニュイな雰囲気、
なのに華やかさと美しさと色気を持ち合わせた最強な女性レア・セドゥ。


f0135623_18510110.jpg
f0135623_18505693.jpg



どんな結末になったとしても恋愛はやはり絶対にしとくべきですよね026.gif
全身で人を愛せることってある意味幸せなこと。
その経験が必ず自分の人生の様々な場面で生かされるんですよ059.gif
人としての魅力が増したり
女度がアップしたり。
自分の内側にある嫌な面も見えたりして
だからこそそれを知ったことで克服できたり。


f0135623_18504406.jpg
f0135623_19274651.jpg
↑まさに「ラブ・ストーリーは突然に」状態
(91年リリース小田和正さんの名曲012.gif
古いって言わないでね・笑)



描写がきわどい場面もある作品ですが
以前観た映画の中でも印象深かったのでブログに載せてみました056.gif

皆さんも秋の夜長にこの一本、是非069.gif

[PR]
by roswellgg | 2016-10-11 19:31 | 映画

こんなユニークでおもろいじいさんが隣人だったら楽しいだろうなぁって
思わずにいられない秀作映画010.gif
f0135623_21370009.jpg
この画像を見て頂くと分かるように
ビル・マーレイ扮するヴィンセントは12歳の少年を競馬場へ連れて行ったりします(笑)

ヴィンセント宅の隣に引っ越してきたのがメリッサ・マッカーシー扮する別居してる夫との離婚準備中のマギー、
その息子オリヴァー。

f0135623_21372950.jpg
オリヴァーは見てくれが痩せていて小さく体力もなく
転校早々いじめっ子達にいじめられる。
f0135623_21365311.jpg
ひょんなことからヴィンセントがシッター代わりとしてオリヴァーの面倒を見るようになる。
そこから二人の関係がはじまる。
f0135623_21371262.jpg
f0135623_21372026.jpg
そして脇にナオミ・ワッツ、テレンス・ハワードという名役者が揃っています。
個人的にはビル・マーレイに次いでナオミ・ワッツの快演も際立っていたように思います。
f0135623_21373459.jpg
内容はネタバレしてはいけないのでざっとしか書きませんが
笑えて泣ける秀作映画だと思いました053.gif

ヴィンセントがなぜ酒とギャンブルに依存するようになったのか、
途中でわかります。

私は映画を観る時、
いつも印象に残ったセリフをメモするのですが
今回も幾つか素敵な言葉がピンポイントで響きました。

「お前は俺の何を知ってるっていうんだ?」
このセリフってアメリカドラマや海外映画の中でも時々聞くセリフですが
本当そうだなっていつも思う言葉なんですよね。
人って表面上だけではわからない事の方が多いはずなのに
当人以外の部外者に限って「君って◯◯だよね」とか言ってくる人間いたりしませんか?
知ったかぶりは本当良くないですよね。
一人の人間を知る過程って様々だとは思いますが
その人の過去や人生って上辺だけの関係では絶対わかりませんよ。
ある程度の期間、信頼感や距離感も関係してくると思うし。

061.gif061.gif061.gif


他にクリス・オダウドという俳優さんも先生役で出演しています。
これも結構笑えますよ058.gif

やっぱり人間て心の底の部分が優しさで溢れてないとなって思いますね。
ヴィンセントは一見偏屈じいさんなのですが
時間をかけて知っていくたびに憎めないというか
おもろいなぁって思わせてくれるユーモアを持っている気がします。

それぞれの人生が最後一緒になる。
辛い事を越えた先に幸せがあるって事を
体現できる映画だと思います051.gif

[PR]
by roswellgg | 2016-10-03 22:24 | YUKO ROSA のかってにコメンテー

ジュリエット・ビノシュ、クリステン・スチュワート、クロエ・モレッツ共演。
f0135623_19142009.jpg
マリア・エンダースがかつて演じた20歳のシグリッド役を
ジョアンという今現在の若手女優が演じる過程を描いた内容。
マリアはシグリッドに翻弄され、自殺する40歳の会社経営者のヘレナ役。
ここで様々な葛藤が生まれます。
この中でマリアの個人秘書役のクリステン・スチュワートの演技が絶賛されたとのこと。
f0135623_19141338.jpg
役者さんは確かに年齢によって演じられる役柄って変わってくるのかもしれません。
もちろんティーンムービーの主人公は若手の俳優さんでしょうね。
でもそこだけ切り取ると若さっていいな、みたいにも取れますが
若い時期って人生の中でほんの一瞬だとも思います。
そりゃ若いっていうのは勢いもあるし輝きもありますしね。
クロエ・モレッツ、確かに年齢は若いのに迫力があるというか
凄みがあるというか
魅力的な役者さんではありますが
私はジュリエット・ビノシュの圧倒的な存在感と
気品、知的さ、大人の女にしかない貫禄を感じました058.gif
フランスの女優さんてとても好きです060.gif
メイクもそんなに濃くないし
自然体に見えるんですよね。
ハリウッドの女優さん達も美しくて好きですが
ヨーロッパやラテン系の俳優さん達はまた別の個性際立つ人達がたくさんいるように思います。
何もアメリカやイギリスだけが世界の全てではありませんからね。
f0135623_19135920.jpg


ジュリエット・ビノシュの魅力にまた引き込まれた作品でした010.gif
かっこいい女っていいね061.gif






[PR]
by roswellgg | 2016-09-13 19:39 | 映画

数あるブログの中から見つけて頂きありがとうございます。/シンガーソングライターのユウコ・ロサと申します。年間100本以上の映画を観ます。中でも特に印象深かった作品を中心にご紹介。なお掲載写真は引用されているものもありますのでご了承下さい。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30