アメイジング・グレイス

f0135623_14504942.jpg


18世紀のイギリス。奴隷貿易廃止へと貢献した国会議員ウィリアム・ウィルバーフォースの
半生を描いた作品。

この映画を観て思ったことは、やはり全人類に共通することは
ただ一つだという事です。
肌の色や職種、年齢や階級って人が人と関わっていく上では
全く関係のないものなのだと。
世の中で起こる争い事も戦争も、もともとは互いの違いを認め合えなかったり
自分達が一番正しいという考えを相手に押し付けたりする所から始まるのではないかと思います。

f0135623_14565063.jpg


エゴや価値観を無理矢理押し付けるといった事で
優越感に浸る人もいるといいますが
本当の心の大きな人間とはやはり相手のことを尊重し
相手の意見もまず聞く。
そこから議論する。

このウィルバーフォースも素晴らしい人ですが
彼のまわりの友人達、伴侶となる妻も彼同様素晴らしい心・考え方の持ち主でした。
f0135623_1533862.jpg


もともと奴隷貿易を考えついた時点で、明らかにそれは間違えであったと思います。
けれど人はそれが当然のようになると、相手の立場を考えもせず
自分達がいい思いをするためならばどんな手段でも使う、というようになるのでしょうか?
現在でも世界中で悲しい戦いや問題が起きています。

私も小さなことではありますが
日に一つは人のために、という思いを忘れずに生きたいと思います。
[PR]
by roswellgg | 2012-06-12 15:22

数あるブログの中から見つけて頂きありがとうございます。/シンガーソングライターのユウコ・ロサと申します。年間100本以上の映画を観ます。中でも特に印象深かった作品を中心にご紹介。なお掲載写真は引用されているものもありますのでご了承下さい。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30